DNSサーバの脆弱性「SIGRed」(CVE-2020-1350)の修正を含むWindows定期更新が公開

CERT-LatestNews TrendMicroNews VulnerabilitiesAll VulnerabilitiesApplications VulnerabilitiesDBMS VulnerabilitiesGoogle VulnerabilitiesMicrosoft VulnerabilitiesOS
執筆: セキュリティエバンジェリスト 岡本 勝之 2020年7月14日、Microsoft社は「パッチチューズデイ」と呼ばれるWindowsの定期アップデート「 2020 年 7 月のセキュリティ更新プログラム 」を公開しました。中でも、Windows DNSサーバのRCE(リモート遠隔コード実行)脆弱性「」は発見者の され「ワーム活動に利用可能」な脆弱性として注視されています。 ■SIGRed(CVE2020-1350)脆弱性について. Check Point社により「SIGRed」と命名 SIGRed脆弱性は、Windows DNS....